牛の胃

牛の胃

牛の胃は珍しい機構になっています。なんと、胃が4つに分かれているのです。人間の場合は、とうぜん胃は1つですから、驚くべき事実だと思います。それぞれに名称がついており、ミノ、ハチノス、センマイ、アカセンの4つとなります。ミノとセンマイは、多くの焼肉店で取り扱われている部位です。ミノは、1つ目の胃であり、個性的な食感があるのが特徴です。センマイは、3つ目の胃であり、生でも食べられるのが特徴です。酢味噌をつけて、食べるのが一般的となっています。

ハチノスとアカセンは、一部の焼肉店で取り扱われている部位です。ハチノスは、2つ目の胃であり、蜂の巣のような見た目をしていることから、そう呼ばれています。アカセンは、4つ目の胃であり、脂が豊富に含まれています。

では、なぜ牛の胃はわざわざ4つもついているかというと、それは食生活に起因しています。牛は草食ですから、草やわらをむしゃむしゃと食べます。草やわらは消化に時間がかかるので、胃が4つ必要になったのです。つまり、胃が1つでは、草やわらをしっかりと消化しきれないので、4つの胃で、消化しきれない部分をカバーしているわけです。さらに、牛は反芻(はんすう)によって、胃の中に入れたものを口に戻すほどの徹底ぶりです。

    Copyright(C) 焼肉通が教える!旨い焼肉の食べ方 All Rights Reserved.