ホルモン

ホルモン

焼肉といえば、「ホルモン」という言葉をたびたび耳にすることと思います。焼肉は、お肉の部位ごとに名称がついていますが、実はもっと大きな区分けの仕方があります。それが、「赤身」と「ホルモン」です。たとえば、代表的なお肉のロースやカルビは、赤身のお肉になります。これまた代表的なお肉ですが、ハラミやタンは、ホルモンのお肉になります。つまり、ホルモンは臓物のお肉のことを指しています。昔は、お肉といえば赤身の部分のことを指しており、脂の多いホルモンはあまり見向きされていませんでした。しかし、今では、赤身と並び、焼肉の代表的なお肉となっていますね。

ホルモンの語源には諸説ありますが、どれが正しいかというのは、あまりわかっていないようです。昔は、特上ロースやタン塩などが焼肉の主流でしたが、今ではさまざまなホルモンが取り扱われています。臓物が料理に利用されるのが一般的になっていくにあたり、焼肉への普及も広がっていったのです。ホルモンは新鮮さが命であり、新鮮なだけあって、味や栄養が良いというメリットがあります。

しかし、食中毒の事件があってから、ホルモンへの警戒が強まったのも事実です。いくらおいしいといっても、病気になってはいけませんから、お店側の徹底を望みたいものです。

    Copyright(C) 焼肉通が教える!旨い焼肉の食べ方 All Rights Reserved.